お庭の履歴書

観察レポート

●調査の概要

目的

「はじめての生きもの調査」「野鳥の調査」「生きもの目録」の各調査のフィールドとなる、あなた家の「お庭」のプロフィールを把握し、「どんなタイプの庭が、どんな生きものにとって重要な役割を果たしているか?」「どんな庭と周辺地域の組み合わせが、より多くの生きものに利用されるのか?」「生物多様性保全に貢献するためには、どのような庭づくりが必要か?」などを考えるための、基本データとします。

調査時期

今回は「春〜秋編」として、2017年5月〜10月までの期間に実施します。
(以降も、随時実施予定です)

調査頻度、時間帯

●上記の調査期間中に、いつでも結構ですので、必ず1回、報告をお願いします。
●一度報告した内容を訂正したい場合は、「備考」欄に、訂正である旨を御記入の上、同じようにもう一度ご報告ください。
●「はじめての生きもの調査」「野鳥の調査」「生きもの目録」をご報告いただいた方で、「お庭の履歴書」の報告がない方には、事務局から、確認のご連絡をさせていただく場合があります。

報告内容

●あなたの家の「お庭」の、以下の情報をお寄せください。

<「庭」の基礎情報>

○タイプ(庭、べランダ、バルコニー、屋上、その他)
○面積
○築年数
○緑のボリューム
(生い茂っている、多い、多くも少なくもない、少ない、ほとんどない)
○庭の特徴
(平地、傾斜地、日当たりが良い、日当たりが悪い 等)
○庭の構成要素
(雑木林のような木立、芝生などの草地、花壇、家庭菜園、水場、小川 、人工地盤(ベランダ・バルコニー・屋上庭園等) 等)
○庭の境界(複数選択可)
(フェンス、石塀、ブロック塀、土塀、常緑樹の生け垣、落葉樹の生け垣、境界なし 等)
○誘鳥施設(複数選択可)
(巣箱、餌台、水浴び台、なし 等)
○庭に植わっている代表的な植物(大きく育っている、植栽量が多いなどの樹種をお答え下さい)
○そのうち、在来種(地域に本来ある植物)である植物 

<「庭」の周辺環境>
○庭に一番近い緑地(複数選択可)
(河川、公園、農地、雑木林、山林 等)
○庭に隣接する環境(複数選択可)
(隣家、道路、駐車場、農地、河川 等)

<その他の情報>
○ペット
(飼っている、飼っていない)
┗ その飼育状況(飼っている人のみ)
(ペットの種類、数、内飼い・外飼い、等)
○庭のお手入れの頻度
(毎日 週3回 週1回 月2回 月1回 3ヵ月に1回 半年に1回)
○病害の防除のための工夫など
○コンポストの有無
(ある ない)
○家族構成
○観察場所・方法の特徴
○庭の写真
○備考


●調査の報告

■WEBサイトからの
 報告

□WEBサイトから、調査内容を直接記入し、随時報告することができます。
>> 報告ページへ

※観察結果の報告ページに進むにはメンバー登録をしていただき、専用のIDとパスワードを取得していただく必要があります。
メンバー登録がお済みでない方は、まずメンバー登録をお願いします。
>> メンバー登録ページへ

■FAX・郵送による
 報告

□調査報告用紙(PDFファイル)をダウンロードすることができます。
下記のテキストリンクをクリックして保存し、プリントアウトしてからFAX・郵送でご利用ください。
>> 2017年度調査報告用紙

□調査報告用紙を事務局に請求することができます。
下記の問い合わせ先まで「郵便番号、住所、氏名、電話番号」をお知らせいただければ、登録用紙・調査報告用紙一式をお送りします。
それらに記入していただき、FAX・郵送でご利用ください。

■お問い合わせ
〒189-0013 東京都東村山市栄町2-28-5 小河原ビル3F
NPO法人 生態教育センター 事務局
TEL:042-390-0032 FAX:042-390-1237 mail:ikimono@wildlife.ne.jp

※大変恐縮ですが、FAX送信代、郵送代等は、参加者のご負担でお願いいたします。



copyrights